Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

手入れ

【報告】〜 睡蓮の葉の除去 〜

P8224117
▲プラ船水槽

動画をみることが出来る環境の方は、どうぞ御覧ください。


まだ暑い日もありますが、少しずつ秋の気配がしてきました。
今週は関東地方などでは、一足先に秋の気候となり、かなり涼しかったようです。
風邪を引かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
体調管理には十分、注意をしてくださいね。

さて、メダカの屋外飼育で水性植物を栽培していると、今の時期は葉が繁茂して水面を覆ってしまうことがあります。
我が家の睡蓮瓶も、御多分にもれず、こんな感じです。

P8224094 (1)
▲庭の睡蓮瓶

P8224092 (1)
▲庭の睡蓮瓶

手入れをしないままにしておくと、こんな感じになってしまい、メダカの観察も出来なくなってしまいます。
言い訳をすれば、直射日光を葉が遮りますから、水温上昇対策の為にそのままにしておいたのです。言い訳ですが。反省…。

そこで、先日、一念発起して繁茂した葉を除去することとしました。
以前にも書きましたが、メダカとともに水性植物を栽培する方には、2つのパターンがあります。
一つは、メダカ飼育の為に水性植物の栽培を始めた方。
そして、もう一つは、水性植物栽培のボウフラ対策の為にメダカの飼育を始めた方です。
自分はメダカ飼育の為に水性植物の栽培を始めましたから、もちろん、メダカ優先ということで、睡蓮の葉の除去に躊躇(ちゅうちょ)はありません。
ハサミでいくつもの葉をテキトーに除去しました。
P8224105 (1)

P8224098 (1)
▲除去した睡蓮の葉。

すると、しっかりと水面が見えてきました。
こんな感じです。

P8224104 (1)

P8224108 (1)

P8224097 (1)

P8224122

P8224120

陽の光が水面に射しこみ、その水面をメダカたちが気持ちよさそうに泳いでいます。
う〜ん、メダカたちも喜んでいるようです。
そして、何よりも自分が満足していますから、それで良いのです。

皆さんも機会を見て、屋外飼育水槽の手入れをしてみてください。
メダカも喜びますし、自己満足もしますから、こんな良いことはないと思いますよ。
メダカ屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。


応援をよろしくお願いします。

クリック
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  

プラ船水槽の手入れ

秋が深まってきました。
静岡県内でも紅葉の便りがあちらこちらから聞こえ始めています。
スーパー林道天竜線の紅葉狩りクリック
皆さんは、もう紅葉狩りにはいかれましたか?
日本の四季の素晴らしさを、皆さんもぜひ楽しんでください。

PB239050 2
▲京都  高桐院(今年の写真ではありませんが、やはり素敵ですよね。)

さて、前回の記事でプラ船水槽にウォーターマッシュルームが繁茂している様子をお伝えしました。
プラ船水槽は、こんな感じでなかなか凄いことになっていした。
PB020607

ウォーターマッシュルームは地下茎で殖えていくのですが、前回の記事でもお知らせしたとおり、苔の間からもいくつもの茎が顔を出しています。
恐るべしウォーターマッシュルームの繁殖力です。

PB020610

せっかく、きれいに苔が付いているのに、所構わずという感じですよね。

PB020611

このまま冬を迎えても良いと思っていたのですが、先週の日曜日、メダカの観察をしている時に、どうしても水槽に手を入れたくなってしまいました。
我慢が出来ませんから、ウォーターマッシュルームの除去、決定です。

除去する前に、試しに苔の下を覗いてみると、なんとこんな感じで地下茎が伸びているのでした。

PB020616

う〜ん、これは難敵です。
まともに除去すれば、苔がズタズタになってしまいそうですから、とりあえず対症療法で、苔の間から顔を覗かせている茎を鋏(はさみ)でカットすることとしました。
そして、水槽の中のウォーターマッシュルームも除去です。
ついでにナガバオモダカも少し除去することとしました。

鋏でジョキジョキと切っていきます。とても楽しいのです。
部屋の掃除は嫌いで、いつも家人に怒られているのですが、水槽の手入れは大好きですから不思議ですよね。

PB020644

すると、あんなにもたくさんあった葉が除去されて、こんな感じにすっきりとなりました。

PB020617

実は、この苔の下には、まだ地下茎が残っていますから表面が綺麗になっただけなのですが、それはそれで大いに満足なのです。

PB020618

きっとメダカたちも喜んでいるはずです。
すっきりしたプラ船水槽では、いままで水生植物の陰に隠れていたメダカたちが、水面を群れながら気持ちよさそうに泳いでいます。

PB020640

まあ、メダカたちにとっては、身を寄せていた水生植物が除去されてしまいましたから、拠り所がなくなって、やむを得ず群れているだけなのかもしれませんけどね。
迷惑な飼育者なのです。すみません。

PB020642

まあ、メダカの屋外飼育を継続するためにも、飼育者にとっての自己満足が必要ですからね。
楽しみながら飼育することが大事です。
ということで、今回はプラ船水槽の手入れの様子をお伝えしました。
メダカの屋外飼育を楽しみましょう。

では、また次回。


応援をよろしくお願いします。

クリック
   

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ