Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

梅雨

梅雨の晴れ間のメダカ観察、そしてヒドラ

P6115182 (1)
▲睡蓮の開花(睡蓮鉢)

鬱陶(うっとう)しい梅雨の天気が続いていましたが、昨日と今日は梅雨の中休み。
汗ばむ夏のような天気となりました。

我が家では、睡蓮が次々と開花しています。
睡蓮の花の周りをゆったりと泳ぐメダカを観察することは、メダカ飼育の醍醐味の一つなのですが、梅雨の晴れ間には、そんな様子をじっくりと観察できますから、満足感に浸ることが出来るのでした。
P6115192 (1)
▲睡蓮の花とメダカ(大型ポリバケツ) 

そして、肝心のメダカたちですが梅雨にも負けずにとても元気なのです。P6115203 (1)

産卵もまだまだ盛んですが、これから水温が高くなることが多くなってきますから、そうなると産卵数も減ってきます。皆さんも今の時期に採卵を楽しんでくださいね。

そして、今の時期にオススメなのが夜間観察です。(どの季節でも「夜間観察がオススメ!」と記事を書いているような気がしますが・・・、気のせいですよね。)
雨が降っていない夜は、ライトを片手に夜間観察を楽しんでください。
蚊の襲撃もありますが、素敵なメダカたちの様子が観察できますから平気なのです。
それでは、夜間観察で楽しむことが出来るメダカたちの素敵な様子を御覧ください。
(過去写真からセレクトしてみました。)

P6224844
▲野性味あふれるクロメダカ

IMG_9985
▲ヒメダカの群泳

P7065093
▲睡蓮の葉の上のヒメダカ

3楊貴妃メダカ
▲夜の楊貴妃メダカ

P6252834
▲アオメダカが輝いています。

P6102438

▲クロメダカです。

P5162612
▲こんな様子を見ると、心が癒やされるのです。(メダカ池)

夜間観察のメダカたち、いかがでしたでしょうか。
こんなメダカたちをゆったりと観察すると、心が癒やされますよね。

さて、最後にここで、屋外飼育の嫌われもののヒドラの様子をご紹介します。
前回の記事に「いたぴーさん」から昨年の稚魚がヒドラの餌食になったとのコメントが寄せられました。(今年は大丈夫のようですから良かったですね。)
このヒドラですが、同じく前回の記事でご紹介したプラナリアと同じように、強力な再生能力を持っています。しっかりと駆除しないと数が増えてしまうこともありますから、ご注意を。

ヒドラ
▲ヒドラの集団です。何故か前衛的なオブジェの様な趣(おもむ)きがあります。

メダカの稚魚がヒドラの餌食に
▲大事なメダカの稚魚がヒドラの餌食になってしまいました。しっかりと駆除することが大事です。

鬱陶しい梅雨が続きますが、メダカの屋外飼育は、これからが本番です。
晴れていても雨が降ってもヒドラがいても、メダカ観察や餌やりを楽しみましょう。

では、また次回。

クリック

    
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村


クリック

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 
 
   

プラ船水槽の夜間観察

P6019486
▲シンプルな構成のプラ船水槽

FIFA ワールドカップですが、とても残念な結果になってしまいましたね。
個人的には、日本のGDPが下がってしまうのではないかと思うほどの喪失感です。
いろいろ言いたい(書きたい)ことがあるのですが、このブログはメダカブログですから、その事は別のブログに書きましょう。
それにしても残念な結果でした。
次のワールドカップには、果たして予選を勝ち抜いて出場できるのでしょうか。
アジア・オセアニアの出場枠が減らされそうな感じですし、とても心配になります。
朝、出勤時にパブリックビューイングで応援したのですが・・・、あぁ残念。無念です。(選手が一番、無念だったのでしょうが・・・。)
260620
▲浜松駅前のパブリックビューイングの様子。(第2戦) ガンバレ ニッポン!

さて、本題です。
前々回の記事で我が家のプラ船水槽について書いてみました。
「プラ船」飼育スタイル ←クリック

水生植物の数が少なくて非常にシンプルな構成のプラ船水槽なのですが、住み着いているメダカたちがノビノビと泳いでいますから、メダカたちは、この環境がとてもお気に入りのようです。

そして、今の時期は夜間観察に最適な季節。
梅雨の雨の止み間には、ライト片手に夜間観察が最高に楽しいのです。

ということで、今回はプラ船水槽の夜間観察の様子をお届けします。
プラ船水槽をライトで照らして水槽を覗き込むと、素敵なメダカたちの世界が広がっているのでした。
P6159746
▲流木の周りを泳ぐヒメダカたち

さて、夜のメダカたちですが、活性が下がっていて、動かずにいるような気がしますよね。
でも、そんなことはありません。
夜のメダカたちを観察すると、ゆったりとした感じで気持ちよさそうに泳いでいるのでした。
メダカの睡眠に興味がある方は、こちらをどうぞ!
「メダカの睡眠」 ←クリック

P6159743
▲ヒメダカが心地よさそうに泳いでいるのでした。

夜のメダカたちは警戒心がかなり薄れていますから、素(す)の様子のメダカが観察できます。やはり夜間観察はメダカ飼育者(観察者)にとっては、とても貴重な機会なのです。
P6159742
▲思い思いにゆったりと泳ぐメダカたち。

それにしてもプラ船水槽のように、水深が浅く水生植物の数が少ないということは、観察に最適だと改めて感じてしまったのでした。
これが睡蓮鉢の場合には、睡蓮の葉が水面を覆いますから、メダカたちは、睡蓮の葉の間に残された水面で窮屈そうに泳いでいることが度々あります。さらに水深もありますから、メダカが中層より下を泳いでいると、観察がなかなか上手く出来ません。
プラ船水槽はとてもメダカの観察がとても容易なのです。ということは、写真撮影も簡単です。
では、プラ船水槽のメダカたちの様子をご覧ください。
P6159729
▲健康そうなヒメダカなのです。

P6159711
▲苔石にヒメダカが身を寄せて休んでいるのでした。

P6159715
▲苔石の周りで佇(たたず)むクロメダカです。

P6159716
▲白と黒です。これでも同じメダカなんて・・・、驚きです。

P6159706
▲苔蒸した流木とヒメダカです。ミナミヌマエビの姿も見えます

P6159717

P6159719
▲この水槽の主役はヒメダカなのです。

P6159708
▲シロメダカも元気なのです。

今回、ご紹介したように夜間観察では、苔石や流木などに身を寄せているメダカをじっくりと観察することが出来るのです。そして、夜間になるとヌマエビたちも活発になってくるのですが、そんなヌマエビの様子も簡単に観察することが出来ます。
メダカたちを思う存分に観察することが出来るなんて最高ですよね。
メダカにとっては、水深よりもプラ船のように水面を広く確保出来ることが大事なのでしょうね。
P6019487

今回は、プラ船水槽の夜のメダカたちの様子をご紹介しました。
サッカーは負けてしまいましたが、私たちにはメダカ飼育があります。
夜間観察で、メダカを眺めていると、いつの間にか癒されているのでした。
皆さんも梅雨の合間に、メダカの夜間観察を楽しんでくださいね。
では、また次回。


※「Tokuzeのメダカ屋外飼育ガイド←クリック ぜひご覧ください。

応援をよろしくお願いします。
クリック
   

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ


アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介