Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

水性植物

ボロボロのウリカワ(恐るべしオンブバッタ)

0919ぼろぼろになったナガバオモダカ水槽
この前にもオンブバッタがウリカワやウォーターポピーの葉を食べているという話を書きましたが、その結果、ウリカワの葉は写真のようにボロボロとなってしまいました。また、メダカ池の睡蓮の葉もムシャムシャ食べるなど、オンブバッタは我が家の屋外水槽の様々な水性植物に被害を与えました。オンブバッタの食欲恐るべしです。因みにオンブバッタは下の大きな個体がメスで、上の小さな個体がオスです。体の大きさとは違って、メスを独り占めにするためにオスが上に乗っているようです。
余談ですが、オンブバッタの食害があったウリカワ水槽ですが、水が徐々にグリーンウォーター化してきました。メダカをじっくりと観察するには不適ですが、植物性プランクトンが増え、メダカにとっては良い環境になりつつあるようです。最近、孵化したばかりの稚魚が数匹、のんびりと泳いでいました。

※ウリカワだと思っていたのですが、このブログをご覧になった方からサジタリア(和名ナガバオモダカ)ではないかとの指摘がありました。すみません。勘違いをしていました。訂正をさせていただきます。
0919スイレンの葉も・・・
0919上がオス、下がメス

ウリカワの花

今朝、メダカに餌を与えに行ってみると、水鉢の簡易ビオトープでウリカワの花が咲きかかっていました。ウリカワはオモダカ科の多年草で葉がマクワウリの皮に似ていることから名づけられました。ちょうど今の時期(7月から9月頃)に小さくて可憐な白い花を咲かせます。このウリカワはメダカの成育にはとてもいい水性植物で、水中の葉がメダカの隠れ家を創ってくれます。
福島県以西〜九州の水田などに生えていますが、いまでは自生しているものは少なくなってきたようです。とても扱いやすく育てやすい水草です。我が家のウリカワはホームセンターで購入しました。
※ウリカワだと思っていたのですが、このブログをご覧になった方からサジタリア(和名ナガバオモダカ)ではないかとの指摘がありました。すみません。勘違いをしていました。訂正をさせていただきます。0725ウリカワの花ではなくナガバオモダカでした
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ