Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

水温

秋のメダカの食欲の検証(実践編)

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

秋が少しずつ深まり、朝の気温が10度近くまで冷え込むようになってきました。
気温が下がれば、当然、水温も下がってきます。

PA240760_Fotor
▲秋が深まってきました。

メダカは、水温が10度を超えないような状況になると、水底でジッと動かずにいて餌をほとんど食べなくなります。魚類は変温動物ですから水温が下がると活性が落ちるのです。
冬になれば水温がずっと10度を下回るような状況になりますから、メダカは活性が落ちてしまい、水底あたりや水性植物の陰でほとんど動かないような状態が続きます。

秋のメダカの食欲と餌の与え方については、10月10日の記事で書いてみました。
 秋のメダカの食欲(秋の餌やりの考察)

今回の記事は実践編として、秋のメダカの食欲について、実際にメダカに餌を与えて検証してみましたので、その結果をお伝えします。

まずは、メダカ池です。
10月28日。朝8時。メダカ池の水温は13.7℃でした。

IMG_3917_Fotor
 ▲水温が14℃近くありました。

与える餌の量は、食欲の確認のためですから、ほんの一(ひと)摘(つま)み程度の量を2回分与えました。
簡単に言うと二摘みですね。

IMG_3898_Fotor
▲ごく少々の餌です。この量を2回分与えました。

フロートタイプの餌ですから水面を餌が漂います。

IMG_3906_Fotor
 ▲餌が水面を漂います。

すると、待ってましたとばかりに、水底や水性植物の陰からメダカたちが現れて、スルスルっと水面近くまで浮上してきました。そして次々と餌を食べ始めました。

IMG_3907_Fotor
 ▲メダカたちが水面近くまで浮上してきました。

IMG_3909_Fotor
▲次々と餌を食べ始めます。

IMG_3912_Fotor
▲餌が減ってきました。

もちろん初夏や夏場の頃の旺盛な食欲ではありませんが、この様子では、まだ食欲はあるようです。良かった!

次は、ジャンボタライの様子です。

PA185437_Fotor
▲ジャンボタライです。

水温は摂氏11℃。メダカ池よりも3℃近くも低く、ちょっとビックリしました。

IMG_3896_Fotor
▲水温は11℃でした。 

メダカたちは、水面近くではなく水底あたりにいて、あまり動きがありません。

IMG_3913_Fotor

このジャンボタライにはメダカは10数匹いるのですが、水温が低いことから与える餌の量は食べ残すことも考えて、ほんの一摘み程度のごくごく少量にしました。

餌を与えると待ってましたとばかりに1匹のメダカが水面まで浮上してきて餌を食べ始めました。

IMG_3899_Fotor
 ▲餌を与えると、1匹のメダカが浮かび上がってきました。

その様子を水底で伺っていたのでしょうか、次々と他のメダカが水面まで浮上してきて餌を食べ始めました。

IMG_3905_Fotor

どうやら、水温11℃でも食欲はあるようです。
2分程度で餌はなくなってしまいました。

日中の水温が上がった時にメダカに食欲があるのは理解できるのですが、10℃近くまで下がった水温でも食欲があることには、ただただ驚きました。
やはり日中は20℃あたりまで気温が上がりますから、まだメダカの活性はあまり落ちていないようです。
今回の結果ですが、メダカ飼育者でありメダカ観察者の自分にとっては、餌やりと観察の楽しみがまだ続いていることが確認できて嬉しい状況なのです。

そして、メダカたちには、厳しい冬を乗り切るためにも、今の時期にしっかりと食べて体力を蓄えて欲しいと思っています。

ここで注意点を。
このような状況に浮かれてしまって、餌を与えすぎないようにくれぐれも注意をしてください。←自分への戒(いまし)めなのです。

餌の与え方については、10月10日の記事を参考にしてみてくださいね。
では、また次回。





<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村     

夏の飼育水槽の水温変化を計測する!

猛暑が続いています。
東京や大阪は8日連続の猛暑日ということで、観測史上もっとも長く猛暑日が続いています。いったい、いつまでこの暑さが続くのでしょうか。
この夏は、気象庁は確か冷夏と予想していたような記憶が…。きっと記憶違いなのでしょう。
とにかく、引き続き熱中症にご注意です。
そして、メダカ屋外飼育水槽の水温がとっても気になりますよね。

ということで、先日、真夏の我が家の屋外水槽の水温の変化を計測をしてみましたので報告します。真夏の屋外飼育の参考としてみてください。

その日は朝から晴天。気象庁の予報では、最高気温が群馬県の前橋で38度、浜松で34度とのこと。

使用した水温計はセンサーだけを水中に沈めるタイプの水温計。(優れものです。)
P7263701

そして、今回の水温計測の対象は3種類の水槽とメダカ池です。
気温と水温は、9時、11時、14時、16時と計4回計測しました。
赤字が最高気温(水温)です。

(気温の推移)
気象庁の予報では、浜松は最高気温が34度だったのですが、それどころではありません。蕩けてしまいそうな気温となりました。
我が家の庭に置いた温度計は、午後2時にはなんと約40度を記録しました。 
<36度 ⇒ 39度 ⇒ 
40度 ⇒ 36度>
P7263711
▲14時には40度です。蕩(とろ)けてしまいそうなのです。

(プラ船水槽)
リニューアルしたばかりのプラ船水槽です。
午前中の11時頃までは日が当たりますが、午後は日陰になる水槽です。

P7253583 (1)
(水温の推移)
11時に31.6度を記録しましたが、午後には28度まで下がりました。
<30.3度 ⇒ 
31.6度 ⇒ 28.9度 ⇒ 28.5度>
P7263691
▲11時に31.6度と最高水温を記録しました。


(ベジタブルプランター)
お昼過ぎまでは日が当たりますが、午後は日陰となる水槽です。水性植物が繁茂しています。
P7263671
(水温の推移)
11時に32.8度まで水温が上昇しましたが、午後は少し下がりました。
<29.3度 ⇒ 
32.8度 ⇒ 30.5度 ⇒ 29.8度>
P7263694
▲11時に最高水温を記録しました。今回計測した水槽の最高気温です。

(睡蓮瓶)
午前中は日が当たりませんが、午後には2〜3時間ほど日が当たる水槽です。睡蓮の葉が茂り、日陰をつくっています。

P7263683
(水温の推移)
午後に水温が上昇し、14時には30.8度まで上昇しました。
<24.8度 ⇒ 27.1度 ⇒ 
30.8度 ⇒ 30.2度>
P7263706
▲14時に最高水温を記録しました。

(メダカ池)
一日中、日が当たりますが茂っているカキツバタの葉が午後には日陰をつくります。流水環境です。
P7263686
(水温の推移)
最高が14時の26.2度。さすがメダカ池です。手を入れると、少しひんやりとしていて、気持ちが良い水温です。
<23.8度 ⇒ 24.9度 ⇒ 
26.2度 ⇒ 25.7度>
P7263702
▲14時に最高水温を記録しました。でも他の水槽よりもかなり低いのです。

【水温の推移のまとめ】
水温の推移をまとめてみました。
赤字がそれぞれの最高気温です。(9時⇒11時⇒14時⇒16時)
(気温)
 36度 ⇒ 39度 ⇒ 40度 ⇒ 36度
(プラ船水槽)
 30.3度 ⇒ 31.6度 ⇒ 28.9度 ⇒ 28.5度
(ベジタブルプランター)
 29.3度 ⇒ 32.8度 ⇒ 30.5度 ⇒ 29.8度
(睡蓮瓶)
 24.8度 ⇒ 27.1度 ⇒ 30.8度 ⇒ 30.2度
(メダカ池)
 23.8度 ⇒ 24.9度 ⇒ 26.2度 ⇒ 25.7度

我が家に屋外水槽の水温の推移はこのようになりました。一時的に30度を超えていますが、猛暑日の屋外水槽としては、まずは合格といったところでしょうか。日陰を利用した水温上昇対策が功を奏しているようです。メダカたちが弱っているような様子はありません。
メダカ池は別格ですね。水温が安定していて適温ですから、メダカたちは元気いっぱいなのです。


一方、屋外水槽とは別に、バケツに1リットルほどの水を入れて2時間ほど日向に放置し、水温を計測すると・・・。
P7263709

なんと午後2時には35.9度まで水温が上がったのです。
P7263707

今回の結果から分かったことが2つあります。
◯半日だけでも日陰となるような場所に飼育水槽を置くことは、水温上昇対策としてそれなりに効果があるということ。
◯ 水量が少ない水槽を日向に放置すると、短時間でも水温がグッと上がってしまうこと。


メダカは、水温の変化に強い魚ですから、30度を超える水温でも耐えることが出来ますが、やはり30度を超える時間が長く続くと弱ってしまいます。
やはり、適切な水温上昇対策が必要なのです。

そして、ここで注意点が一つ。
水温が上がり過ぎたからといって、冷たい水をジャバジャバと入れて水温を急激に下げないようにしてください。
メダカは水温の変化に強い魚だと書きましたが、これは、ゆっくりとした水温の変化には耐えることが出来るという意味で書いたもので、急激な水温変化は、メダカでも耐えることが出来ないのです。
日中に水温が上がった猛暑日などに、雷雨があって屋外飼育水槽の水温が一気に下がった時などにも、メダカがダメージを負うこともあります。

P9075776

P7285349

今回は、猛暑日の水温変化について書いてみました。
暑い日が 続きますが、体調には十分、注意してメダカ飼育を楽しんでください。
では、また次回。


応援をよろしくお願いします。

クリック
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ      
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ