Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

その後のメダカ池(メダカ池の再生)

ホテイ草の開花
先月、大量のメダカが☆となったメダカ池。
結局、原因は不明だったのですが幸いメダカ以外の生き物(ドジョウ類やタナゴ類、スジえびなど)には影響はなかったことは救いでした。
メダカの成魚が泳いでいないこの池を眺めていると、少し前にメダカたちがあちらこちらで乱舞していたことが嘘のような気がします。(でも現実です。)
メダカが☆になった後はメダカ池の水生植物には一切、手をいれることなくそのまま放置しておきました。
というのも、成魚が☆となったのと入れ替わるように、メダカの稚魚たちが次々と孵化し始めていたためです。
タナゴやドジョウたちの餌食にならないために水生植物がメダカの稚魚の隠れ家になることを期待してそのままにしておいたのです。
ということで、しばらくの間、メダカ池の水性植物は成長するがままにしておいたのですが、今のメダカ池は水性植物の葉などが繁茂しすぎて凄いことになってしまいました。
メダカ池
水面が様々な水生植物の葉で覆われてしまい水中をほとんど観察できないのです。
わずかに残された水中を覗くことが出来る水面には、期待どおりメダカの稚魚が数匹泳いでいるのでした。中には幼魚クラスまで成長したメダカの姿もあります。良かった、良かった。
メダカの稚魚(幼魚)
メダカたちは順調に成長しているようです。
そして、この手を入れていない荒れ放題のメダカ池には、いつもはあまり見ることがない生き物の姿がありました。
カゲロウ類の幼虫です。
カゲロウ類の幼虫
いつの間にか、カゲロウの幼虫が生息していました。
またアメンボもこの池で孵化したようでたくさん泳いでいます。
アメンボ
そしてあちらこちらにクモの姿が。
蜘蛛
食いしん坊のメダカの成魚がいればこれらの生き物に対して、すぐにパクつきますから、今は「鬼のいぬまに〜」状態で羽を伸ばしているという感じでしょうか。
そして、メダカ池のホテイ草がいつの間にかに花を咲かせているのでした。
ホテイ草
一時はメダカが大量に☆となったメダカ池も少しずつ再生し始めているようです。

ナイトミュージアム(初冬編)

1208夜のメダカ池
12月になっても、夜のメダカ池の生き物たちはまだまだ活発です。今日、久しぶりに夜の池を覗いてみると、メダカ、タナゴ、ヒドジョウ、スジエビたちを観察することが出来ました。
今のメダカ池は、夏や秋と異なり水草の数も減り、ドジョウたちが泥を巻き上げることもなく、水が澄んでとても観察しやすい状況となっています。
そんなメダカ池ですが、池の底にスジエビたちがうようよしていて、ちょっと気持ちが悪い感じです。スジエビ水槽のスジエビたちを全部、この池に入れたことは以前、このブログで紹介しましたが、いまではメダカについで生息数では第2位の地位を占めています。
でも、よく見ると(よく見なくても)スジエビはグロテスクですよね。
結局、メダカ、スジエビ、タナゴは複数、観察出来たのですが、ヒドジョウは1匹だけしか観察できなくて、スジシマドジョウは見つけることができませんでした。
もう土の中なのでしょうか?
今年ももう少し、夜のメダカ池を観察してみようと思います。
寒いため時間をかけて観察できないのが難点ですが・・・。
<カイロを持ってメダカ池にGo!>
1208グロテスクなスジエビ
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介