Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

注意点

10月のメダカ屋外飼育

P9286054
▲10月のメダカたち

10月の屋外飼育の注意点について書いてみます。
まず、9月の屋外飼育とどこが違うのでしょうか。
一番の違いは、やはり水温です。
9月は残暑で30度を超える高水温になることもありますが、10月になると朝晩を中心に気温も少しずつ低くなり、気温に連動して水温も低くなってきます。
水温が20度を下回ってくるとメダカの食欲も落ちてきますから、出来れば日中の水温が上がっているタイミングで餌を与えたいものです。
まあ実際には、10月の日中であればメダカたちはまだまだ旺盛な食欲を示すと思いますから、餌やりを楽しんでください。
この時期は、冬越えのためにメダカが体力を蓄える時期なのです。

PA238617
▲ヒメダカが気持ちよく泳いでいます。

残念なことは、メダカ飼育の大きな楽しみである産卵が終わりとなってしまうことです。
屋外飼育のメダカは自然界のメダカとほぼ同じライフサイクルとなり、産卵期も終わってしまうのです。

そして、9月に産卵した卵が10月になってから孵化することもありますが、屋外飼育ではこれからの時期は、稚魚はあまり成長しないまま冬に突入することとなります。
稚魚たちには、冬を迎える前に出来るだけ成長して欲しいものです。

PA308649

メダカの屋外水槽の設置場所ですが、10月は夏のように水温上昇に気を使う必要はありませんから、冬に備える意味でも日当たりの良い場所に設置をしてください。
そして秋の陽射しを浴びて泳ぐメダカたちの観察を楽しみましょう。

PA238459
▲秋の日差しを浴びて泳ぐメダカたち。

基本的に10月のメダカ飼育は、他の季節よりもメダカを飼育しやすい季節です。産卵という大きな楽しみはありませんが、餌やりなどでメダカ観察を楽しんでくださいね。

PA308673

朝晩の気温が下がり、すっかり秋めいてきました。
通勤時の電車の中では、風邪を引いたのか咳をしたりマスクを掛けている方もチラホラと見かけます。皆さんも風邪などを引かずに、秋のメダカ飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。

メダカ写真満載のブログです。
クリック⇒
Tokuze's Medaka Photolog

「にほんブログ村」の「ビオトープ」と「メダカ」カテゴリーのランキングに参加しています。応援していただける方は下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 

夏のメダカ屋外飼育の注意点

P8190588
もうすぐ8月です。
8月といえば、夏休みですよね。
相変わらず仕事で忙しい日々を過ごしているのですが、子供の頃の楽しい夏休みの気分がいまでも忘れられません。
夏になって蝉の声が聞こえてくると、何故かウキウキしてきます。
まるでパブロフの犬状態です。ほとんど条件反射なのです。
クワガタやカブトムシを捕りに行きたくて仕方がないのですが、みなさんはそんな気持ちになったりしませんか?

P8260702a

さて、本題です。
今回の記事は「夏のメダカ飼育」の注意点について、書いてみます。
屋外飼育で夏の間に一番気を遣うのが水温上昇対策です。
メダカは水温の変化に強い魚です。
日本の四季に対応した温帯の魚ですから、夏の高水温にも耐えることができます。
しかし、屋外飼育水槽は、容量が限られていますから、田や川などの自然界では有り得ないような高水温になってしまい、さすがのメダカもダメージを受けてしまいます。
IMG_7924
そうならないためにも水温上昇対策が必要です。
水温上昇対策については、毎年、いろいろ書いていますから、とりあえず過去ブログをご覧ください。
(まとめ)夏場の水温上昇対策 クリック

P8250643

次に注意をしなければいけないのが、屋外飼育水槽の水の蒸発です。
空気が乾燥して強い風が吹く冬場にも水がかなり蒸発しますが、夏は気温が高く水生植物が生い茂りますから、一段と水が蒸発しやすい季節です。
久しぶりに水槽を覗いたら、水がかなり減っていてビックリしたなんてことがないようにしなければいけません。
水が減った時には、足し水を行ってください。
足し水にははやりジョウロを使うと便利ですよ。
IMG_6604

そして、水温が高い今の時期に特に気を付けなければいけないのが、水質の悪化です。
エサを与えすぎてしまったりすると、水温が高いため残ったエサが水底で腐ったりして、水質に影響を与えます。
濾過バクテリアが機能していれば、水質悪化を防いでくれますが、念のために夏の間は、足し水を行う時に、掛け流し方式でジャバジャバと水を溢れさせてください。
こうすることで、水換えの代わりになります。
屋内水槽では、こんなことが出来ませんから、屋外飼育の利点ですよね。
ただし、メダカが水と一緒に流れ出さないように気を付けてください。
IMG_6605

自分の感覚では、1年の中でメダカが☆になるのが一番多いのが夏場です。
その原因は、やはり産卵を終えて寿命を迎える個体が多いこととともに、夏場の水温上昇や水質悪化に耐えることが出来ずに☆となってしまう個体が多いのではないかと考えています。
可愛いメダカたちのために、しっかりと世話をしたいものですよね。(と、自分に言い聞かせています。)
P8190602
▲日の光が眩しそうです。

暑い日が続きます。
体調には十分気を付けて、メダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。


※「Tokuzeのメダカ屋外飼育ガイド←クリック ぜひご覧ください。

応援をよろしくお願いします。
クリック
    

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

 
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介