Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

猛暑

ヒドジョウの夜

IMG_5670

昨日は全国では気温が39℃を超えた地域があるなど早くも真夏の一日となりました。
まだ6月です。これから夏本番となるのですが、既に猛暑などとは早すぎますよね。
メダカ屋外飼育容器の水温上昇が気になる季節の到来です。

ということで、帰宅後、早速、メダカたちの様子を確認にするためにライトとカメラを持って玄関を出ました。

庭の睡蓮甕を覗いてみると、メダカたちはいつもどおり元気に泳いでいるのでした。
ホッとしました。心配をしていたのですが、一安心です。

IMG_5614

IMG_5616
この睡蓮甕では、甕の横に植えてある柊(ヒイラギ)の葉と睡蓮(スイレン)の葉が、水面を覆うように繁っていますから、これらの葉が緑のカーテンとして水温上昇対策になっているようです。

続いてプラ船やアオメダカの水槽などの屋外飼育水槽を順番に確認をしましたが、メダカたちは全然、異常なしです。良かった〜と自己満足です。

IMG_5623

IMG_5669
でも、これからが夏本番ですから、水温上昇とともに水質の変化が心配になってきます。
年間でメダカ屋外飼育が一番、難しい季節に突入していくこととなります。

続いてメダカ池の観察に向かいました。

IMG_5666
そっ〜とメダカ池をライトで照らして覗き込もうとすると、ポチャンと何かが池に飛び込みました。ビックリです。
飛び込んだのは・・・カエルでした。
実はしばらく前からメダカ池にはカエルが住み着いていました。

ビックリさせないでくれ!と思ったのですが、実はカエルを驚かせたのは私の方なんですよね。
ビックリさせてごめんなさい、と心の中で謝りながらメダカ池の観察です。

IMG_5638
メダカ池では、何匹ものメダカたちが気持ち良さそうに群れ泳いでいるのでした。
夜なのに元気過ぎです。

でもメダカ池には、もっと元気な魚がいました。
それは・・・ヒドジョウです。

IMG_5592

IMG_5585
ヒドジョウが右に左に泳ぎまくっています。
この頃のメダカ池は、水生植物が生い茂っていますから、普段は水底にいるドジョウの観察は難しいのですが、今夜は水面近くまで上昇して泳いでいますから、じっくり観察できたのでした。

IMG_5654
どうやら、このヒドジョウ君はメダカ池の壁面の苔を食べるためにいったりきたりと泳いでいるようです。
自ら、こんな近くまで浮上してきてくれましたから、写真をパチリパチリと何枚も撮影できました。

IMG_5664
久しぶりにヒドジョウをじっくり観察することが出来て楽しい一時(ひととき)を過ごせました。
ドジョウの眼は可愛いですよね。惚けた感じが最高です。

こんなに近くで観察させてくれるなんて、とても飼育者思いのヒドジョウ君なのでした。(でも、もう少し泳ぐスピードを落としてくれると最高なんですがね。ヒドジョウ君!)


※今回は久しぶりにデジイチではなくてコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で撮影をしてみました。
少しコントラストが強すぎるなど画質の綺麗さではデジイチに負けていますが、それでも手軽に撮影できるのは良いですよね。コンデジの大きなアドバンテージだと思います。

皆さんもメダカやドジョウの屋外飼育を楽しんでくださいね。

メダカの屋外飼育に興味がある、又は飼育を始めてみたいと思っている方は次の記事をご覧ください。
◎「GWにメダカの屋外飼育を始める方へ
「メダカのバケツ飼育のすすめ」← クリック

これからの季節の水温上昇対策については下記の記事を参考にしてみてくださいね。
「メダカ屋外飼育水槽の水温上昇対策」
「夏場の水温上昇対策(その2)」
「スーパー猛暑の対処法」

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。

夏場の水温上昇対策(その2)

前回に引き続き、屋外水槽の水温上昇対策について書きます。
実は前回の記事で我が家で行っている簾(スダレ)による水温上昇対策をご紹介しました。
しかし、この方法は昼間に家にいて、天候の様子でこまめに対応できる方にお奨めの方法で、私のように昼間は仕事で留守にしている場合には、若干、不都合があります。
というのも曇りや雨の日のような日を遮る必要がない時にも、簾をはずすことができませんし、簾がそのままになってしまうため、先日のような大雨で風が強く吹いた日には簾がとばされてしまったりします。

ということで、別の水温上昇対策である、日中、日が陰る場所への水槽移動を行いました。
家の東側の軒下への移動です。
P7316976

P7316975
先日のブログでご紹介したように午前に日が当たり、午後には日が陰る場所です。

今日の午前11時。外気温が34℃という状況で、移動した屋外水槽の水温を調べてみました。
ちょうど屋外水槽の設置場所が、日が陰り始めたタイミング(上の写真)です。

まずプラ船です。
P7316953
水温は30℃でした。

そして睡蓮鉢です。
P7316964
こちらも30℃です。
まあ、合格ですね。
午後は日が当たりませんから、大丈夫です。
メダカたちも元気に泳いでいます。

次は楊貴妃の水槽です。
実はこの水槽は午前中は日が当たらずに、午後に2時間程度日が当たる場所に設置してあります。
日中で一番、気温があがる午後に日が当たるわけですから、良い場所ではなく、皆さんにもお勧めできませんが、日が当たる時間が短いため、そのままにしてあります。

早速、水温計で測ってみると・・・・
P7316967
なんとなんと水温25℃です。適温です。

P7316970
メダカたちも元気です。
午後には水温が上がってくるはずですが、ご覧のように水生植物が繁茂していますから日陰をつくりますし、ますは大丈夫でしょう。

最後にメダカ池です。
P7316972
水温24℃でした。こちらも適温です。
メダカ池は水が流入していますから、水温についてはまったく心配していません。

ということで、いまのところは我が家の水温上昇対策は成功しているようです。
前回にも書きましたが、夏場の水温上昇対策は屋外飼育ではとても大事になります。
天気予報では、猛暑がしばらく続くようですから、まだまだ気を抜くことはできません。というか、これから8月になりますし、いよいよ本番ということなのでしょう。

皆さんもかわいいメダカたちのために大変ですが頑張ってくださいね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介