Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

二つの甕(かめ)

今日は朝から夏の陽差しが降り注ぎました。
秋というよりも盛夏といった趣きです。
P9185072
▲今朝のプラ船水槽。夏の陽差しが降り注ぎます。

P9185079
▲夏の陽差しが眩しそうです。

さて、我が家には甕(かめ)が二つあります。
メダカ飼育者の常として、もちろん甕はメダカの屋外飼育容器として利用しています。
今回は、この二つの甕のメダカたちの様子を少しだけご紹介しますね。

まずは玄関脇に置いてある甕です。
P9104868
▲この甕ではクロメダカを飼育しています。

先日、この甕のメダカたちに餌を与えた時のことです。
餌は市販のフロートタイプ(すぐに沈まずに水面に浮く餌)だったのですが、水面に浮かんだ餌にすぐにメダカたちが寄り付きました。

食欲旺盛で見ていて楽しくなってきますよね。思わず「よしよし!」とうなずいてしまいます。
傍(はた)からみていると変な人に見えると思いますが、誰も見ていない(と思っています。)のですから大丈夫です。

しばらく、メダカの様子を眺めていたのですが、甕の隅の葉の上に、メダカの餌を狙ってミナミヌマエビが浮上しているのに気が付きました。
P9104859
▲ミナミヌマエビがメダカの餌を狙って睡蓮の葉の上に現れました。

しばらくすると他のミナミヌマエビも現れました。
メダカももちろん餌を食べますから、みんなで餌の奪い合いです。
P9104850

P9104848
▲ヒカリとミナミが2匹、みんなで食事中です。

ミナミヌマエビもメダカに負けてはいません。メダカが来ると少し除(よ)けて場所を譲るのですが、すぐに戻ってきて餌をツマツマと食べているのでした。
このミナミヌマエビたちですが、ヤマトよりも小さくて可愛い感じで屋外で冬も越えますし次々と子供を産んで増えています。
今では、どの屋外水槽でもミナミヌマエビの数がメダカを上回っていると思います。
もちろん、数えたわけではありませんけどね。


次は、庭に置いてある甕の様子です。
この甕では、ヒメダカとクロメダカを飼育中です。今年産まれたメダカも飼育しています。
P9104870

まずは、今年産まれたヒメダカの様子です。
屋外でも立派に大きくなっています。
成魚の体型まで、もう少しといったところでしょうか。
P9104856

そして、次にご紹介するのはこの甕の主(ぬし)のクロメダカです。
見事に黒いため、観察がしにくいのですが写真では分かりますよね。
スーパーブラックとして販売出来るかも知れません。

体型も立派ですから、主(ぬし)としての存在感がありますよね。
P9104864

P9104852

他のクロメダカは次のような体色ですから、主(ぬし)の黒さが分かると思います。
P9114945

実は、この真っ黒なクロメダカですが、メダカ池で飼育をしていた個体をこの甕に移したものです。
メダカ池ではタイリクバラタナゴやヒドジョウ、イトモロコなどに囲まれていましたから、とても主(ぬし)と呼ばれるような存在感はありませんでした。
P9104853
でも、この甕の中ではメダカたちだけですから、このクロメダカに主(ぬし)という称号を与えても大丈夫ですよね。

では、また次回。

IMG_6421
▲夏の終わりです。そこはかとなく秋の気配が漂います。

メダカの屋外飼育に興味がある、又は飼育を始めてみたいと思っている方は次の記事をご覧ください。
◎「GWにメダカの屋外飼育を始める方へ
「メダカのバケツ飼育のすすめ」← クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。


スイレンの花が次々と

今年4つ目の花

睡蓮瓶のスイレンが次々と咲いています。
最初に花が咲いたのが5月10日でしたが、それから途切れることがなく蕾が顔を出し、今咲いているのが今年4つ目の花となります。この花は一昨日から咲き始めました。

そして既に次の蕾が水面に顔を覗かせています。
睡蓮甕

昨年はシーズンを通じてこの睡蓮瓶で花が咲いたのは4〜5回程度でしたから、今年は既に昨年と同じ回数となりました。
このスイレン、特に肥料を与えることなく栽培をしているのですが、この睡蓮瓶の環境が適しているようですね。

このスイレンは可憐な白い花を咲かせるのですが、クロメダカにはこの白い花がとてもお似合いで、見ていると心がかなり癒される気がします。
スイレンの蕾とクロメダカ
そして、このスイレンの花には次々と蜂などの昆虫が蜜を求めて訪れてきます。
睡蓮の花を訪れた蜂1
きっと蜂にとってはとても魅惑的な匂いを出しているのでしょうね。
花を訪れた蜂(蜂の種類は分かりません)を観察していると、花の中に身を沈めて一所懸命に蜜をあさっていましたが、やがて体全体に黄色い花粉をいっぱいに付けてどこかに飛び去っていきました。睡蓮の花を訪れた蜂2
余談ですが、世界中でミツバチが激減しているようですが、その原因には様々な説があるようです。人間が関与した環境汚染(農薬やCO2排出の増加による地球温暖化など)もその要因としてとりざたされていますが、身近な生き物が突然、いなくなるというのはとてもショッキングな話ですよね。これからどうなっていくのかとても心配になります。ミツバチ

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ