Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

産卵

メダカの産卵

GWです。
屋外飼育のメダカたちは、産卵の最盛期に突入という感じになってきました。
メダカは4月〜10月頃までとかなり長い間、産卵を行うのですが、産卵のピークは5月〜6月頃となります。
今の時期に屋外飼育水槽を覗くと、こんな様子を普通に見ることができます。
P4244582 (1)
▲卵を付けて泳ぐアオメダカ

そして、採卵の為にシュロ皮やホテイソウを水槽に入れておくと、このとおり。
P4244557

P4244559

P4244558 (1)
▲「棕櫚(シュロ)たわし」に産み付けられた卵。

このように簡単に採卵が出来るのです。
そして、別に用意したバケツに水を張って、そのまま卵が産み付けられたシュロやホテイソウを入れておけば、やがて次々と孵化してくれるはずです。
P4244563 (1)

P4244564 (1)
▲バケツの中に卵が産み付けられたシュロを入れました。

<ここからは、過去の写真です。>
P5254313
▲孵化までもう少しです。

約25度の水温の場合ですと、10日ほどで卵から稚魚が孵化してきます。
いつ孵化するのかドキドキしながら観察していると、なかなか孵化しないのですが、少し目を離しているうちに孵化していたりします。
青水水槽で孵化した稚魚たち
▲孵化した稚魚たち。

P5254271
▲孵化したばかりの稚魚。

P6042036
▲目が大きいですね。メダカですから、当たり前なのですが・・・。

この頃は、「稚魚が孵化しました!」との、とてもうれしいコメントをいただくようになりました。
GW中に採卵される方も、5月の中旬頃には、たくさんの稚魚たちと出会えるのではないでしょうか。
メダカ飼育の中で、採卵と孵化は、とても楽しみな大きなイベントだと思います。
皆さんもGW期間中は、ゆったりとメダカ飼育を楽しんでくださいね。
稚魚が孵化しすぎて、飼育容器が足らなくならないようにご注意を。
では、また次回。

熊本地震で被災された皆さんに、心からお見舞い申し上げます。一刻も早い復興を願っています。

クリック

    
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村


クリック

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 
 
  

産卵床の新定番は「シュロたわし」!?

屋外飼育では、水温が上昇する4月頃からメダカたちの産卵行動が始まります。
メダカが産卵するためには、卵を産み付ける物(産卵床といいます。)が必要となります。
今回の記事ではいままで紹介した定番の産卵床とともに、新たな定番となる可能性がある物を紹介してみます。

☆ホテイ草
なんといっても定番の産卵床は、「ホテイ草」です。
ホテイ草は、ホームセンターで、とても安価に販売されていて入手が簡単です。
ホテイ草の根に付着したメダカの卵
▲ホテイ草は定番の産卵床なのです。

ホテイ草は浮き草の一種です。
ホテイ草を水面に浮かべると根が水中に伸びることとなるのですが、メダカは、この根に卵を産み付けるのです。
P5038758

P4288358a
▲産み付けられた卵

ホテイ草の優れたところは、すぐに子株が出来てホテイ草自体が増えていくということです。
ホテイ草を一つ購入すれば水温が上がると次々と子株で増えて、それぞれが新たな産卵床として使用することが出来ることとなりますから、とても経済的でオススメです。

☆ウィローモス(水生苔)
次に紹介する産卵床は、ウィローモス(水生苔)です。
屋内アクアリウムをデコレーションするための定番水生植物として、皆さんもご承知だと思いますが、この水生苔が産卵床としても活用出来るのです。
P5038765
▲ウィローモス(水生苔)です。

水生苔は、手の平程度の量を水槽に沈めるだけで産卵床となります。
自分の場合は、縛ることもなくそのまま水槽に入れていますが、気になる方はテグスや細い糸などで軽く縛って使用してください。

P5038764
▲水槽に水生苔を沈めます。

そして、2日ほど置いて取り出してみると、こんな感じです。
P5038773
▲たくさんの卵が産み付けられていました。

水生苔の産卵床は、なかなか優れ物だと思います。メダカたちが卵をしっかりと、しかもたくさんの数を産み付けてくれます。ぜひ試してみてくださいね。

☆シュロ(の皮)
次に紹介するのはホテイ草とともに産卵床の定番である「シュロ」です。
「シュロ」とはヤシ科の常緑高木のことです。
産卵床として使用するのは正確には「シュロ」という木の皮です。
0505シュロの木
▲我が家の近くの神社にある「シュロ」の木。

この「シュロ」の皮が、メダカの産卵には最適なのです。
0505採ってきたシュロの皮
▲シュロの木から直採りしてきた皮です。

シュロの皮は丸めて、メダカが産卵しやすいように真ん中を針金で縛って整えます。
0505シュロの皮を丸めたところ
▲シュロの皮を産卵しやすいように整えます。

そして屋外飼育水槽に沈めて置くと、メダカがとてもよく産卵をしてくれます。
0506卵が産み付けられたシュロの皮
▲こんな風に産卵をします。

皆さんの家の周りや近くにシュロの木があれば、直(じか)に皮を採取出来るのですが、都合良く近くにシュロの木があるなんてことはなかなか無いですよね。
そんな時にはネット通販やネットオークションなどで購入することが出来ます。

☆シュロたわし
最後に紹介するのは、上と同じ「シュロ」なのですが、硯(すずり)洗いとして、また急須の茶渋落としなどを用途として市販されている「シュロたわし」です。
P5068869

P5068870
▲これが「シュロたわし」です。

この「シュロたわし」は、少し手を加えるだけで産卵床に早変わりするのです。
「シュロたわし」を縛っている針金を1箇所を残して他を取り外すだけという超簡単な作業をするだけです。
針金を外すとこんな感じになります。
P5068882

P5068884
▲針金を外した「シュロたわし」。使用されているシュロの量が半端無く多いのです。

超簡単に産卵床の出来上がりです。
外した針金は、鉢や甕など飼育水槽の縁に掛けることが出来るように
曲げてフックにして利用します。
P5068889
▲シュロたわしが産卵床に早変わり。

実はメダカ用の「シュロの産卵床」は、ネット通販などでも販売されていますが、この「シュロたわし」の方が作りがしっかりとしていて、シュロの質も良く、また使用されている量も多くて、とても丈夫なのでオススメです。
P5098892
▲メダカたちが産卵してくれました。

「シュロたわし」は、ホームセンターなどでは、なかなか見つけることが難しいかもしれませんが、そういう場合にはamazonや楽天などのネット通販で購入出来ますよ。
なお、先に紹介した「シュロ」や「シュロたわし」は灰汁(アク)が出ますから、使用する前には灰汁(アク)抜きとして、2〜3時間、ぬるま湯に浸けるなどしてから使用してください。

P6084609
▲しばらくするとこんな稚魚たちの様子を見ることが出来るようになります。

今回ご紹介した水草やシュロなどの産卵床に産みつけられた卵は、そのまま別の容器に移して孵化を待ってください。同じ容器に入れたままにしておくと、親や他のメダカたちが卵や孵化したばかりの稚魚を食べてしまいますから注意が必要です。
P7046477

今回は様々な産卵床をご紹介しました。
メダカの産卵・孵化の為には産卵床は不可欠です。
皆さんが使用している産卵床についてぜひコメント欄で教えてくださいね。参考とさせていただきます。

さて、5月も中旬になります。
これからメダカの産卵と孵化の最盛期に突入となります。
楽しい日々が続きます。
皆さんもメダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。

※「Tokuzeのメダカ屋外飼育ガイド←クリック ぜひご覧ください。

応援をよろしくお願いします。
クリック
   

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ


アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介