Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

睡蓮

睡蓮の葉とメダカたち

今回は前回に続いて、メダカの写真をご紹介します。
テーマは「睡蓮の葉とメダカ」です。
では、御覧ください。

P9286060
▲睡蓮の葉の上でヒメダカが踊っています。

P5042133
▲赤い若葉の上で一休み。

P4174478
▲睡蓮の若葉の上でクロメダカの幼魚が佇んでいました。

P6055853
▲睡蓮の若葉の脇には、抱卵したアオメダカがいました。

3睡蓮の葉の上のダルマメダカ
▲若葉の上のダルマです。

P4278697
▲ヒメダカの幼魚と睡蓮の若葉。これからの成長に期待です。

P4268538
▲睡蓮の葉の上で一休み。

P6289797
▲睡蓮の若葉の上のちょっとした水溜まりでクロメダカがくつろいでいるのでした

P5249265
▲睡蓮の若葉の上をヒメダカが泳ぎます。

P5259415
▲5月の夜は、こんな素敵な写真が撮れるのでした。

P5108998
▲まだ開いていない睡蓮の若葉とヒメダカの様子です。

P5108996
▲赤い若葉のステージとクロメダカ。

P5108976
▲クロメダカとシロメダカが何やら相談中?

P5108923
▲睡蓮の葉の上のヒメダカです。カメラ目線ですね。

P4268560
▲口から泡を吐きました。

P4278604
▲睡蓮の葉の上で何やら相談しているのでしょうか?

P4278699
▲赤と白。素敵です。

IMG_8186
▲緋色の葉の上のヒメダカです。ほとんど保護色ですね。

P6042036
▲睡蓮の葉の上のクロメダカの稚魚です。

睡蓮の葉とメダカたちの写真を集めて紹介をさせていただきました。
いかがでしたでしょうか。
こんな素敵な様子を見ることができるのですから、メダカ屋外飼育をやめることは出来ませんよね。
皆さんも秋のメダカ屋外飼育を楽しんでください。


【お知らせ】
都合により、しばらくの間、ブログの更新をお休みします。
他に素敵なブログがたくさんありますから、そちらをお楽しみください。(下記をクリック)   

クリック
    
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村


クリック

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 
 

スイレンとヤゴとメダカ

メダカ屋外飼育水槽では、睡蓮が次々と花を咲かせています。
睡蓮の開花シーズンの到来です。

P5312700
▲赤い睡蓮の花が開花しました。水面に花弁を映しています。

P5312692
▲睡蓮の花が屋外水槽を彩(いろど)ります。

自分は朝6時過ぎに出勤し、夜の8時頃に帰宅するのが通常ですから、日中に咲く睡蓮の花をほとんど見ることができないのが残念なのですが、やはりメダカの屋外飼育に睡蓮は欠かせませんよね。

P5242669
▲数日前のこの蕾が・・・。

P5302675
▲こんな花を咲かせました。

P5312704
▲睡蓮瓶では小振りの小さな睡蓮の花が咲きました。

このように今の時期の昼間の屋外水槽は、とても素敵な情景を見ることが出来るのです。
そして、もちろん夜間観察もとても楽しい季節のなのです。
しかし・・・。

P5302691
▲昼間のプラ船水槽。

先日の夜のことです。
いつものとおりペンライトとカメラを持って夜間観察に出かけました。
プラ船水槽をペンライトで照らした時に、驚きの光景が!
なんと、大きなヤゴがメダカを捕まえているではありませんか。

IMG_0056
▲メダカを捕食しようとしたヤゴ。

IMG_0054
▲大きなヤゴなのです。

ヤゴとメダカを引き離そうと慌てて手を伸ばすと、まだ捕まったばかりだったのでしょうね。どうにかメダカは逃げ去ることが出来ました。
メダカはそのまま、水草の陰に隠れてしまいましたが、どうやら大丈夫だったようです。
それにしても大きなヤゴなのです。メダカよりも一回り以上大きな感じです。
実は、先日、メダカ1匹が☆になっていて、その様子からヤゴの存在を疑っていたのですが、案の定という感じですよね。
さらに探してみると、もう1匹のヤゴが見つかりました。

IMG_0059
▲ヤゴを2匹発見しました。

IMG_0085
▲ヤゴの全貌。

観察ケースに入れて、じっくり観察したのですが、既にほとんどトンボの姿です。
もう少しで羽化しそうな感じですよね。
ヤゴはメダカ飼育にとっては、とても迷惑な存在なのですが、トンボは空からやってきて産卵しますから防ぐことが困難です。
まあ、自分はヤゴやトンボは嫌いな生き物ではありませんし、実はメダカ池には、以前から当たり前のようにヤゴが同居しています。
しかし、他の屋外水槽では、さすがにヤゴを許容出来るような飼育環境ではありませんから、ヤゴを発見したらメダカ池に移しているのです。

ということで、メダカ池では次のような様子を観察することが多々あります。

P7285295
▲ヤゴの抜け殻なのです。(メダカ池)

IMG_5939
▲トンボの羽化です。メダカ池では、こんな様子を見ることもできます。

シオカラトンボ(イメージです。別の場所で撮影しました。)
▲シオカラトンボです。

そして、夜間観察で見つかるのは、厄介もののヤゴばかりではありません。
嬉しい発見もあります。
先日のことですが、メダカ池で久しぶりにタナゴを姿を発見しました。

IMG_0098
▲コウホネの水中葉の上にタナゴがいました。

久しぶりのタナゴなのです。元気そうですね。
そしてヒドジョウも観察できました。

IMG_0093
▲ヒドジョウなのです。

いあ〜楽しいですよね。夜間観察はやめることが出来ません。
スジシマドジョウも棲息しているはずですから、もう少し探してみますね。

P5302683
▲昼間のメダカ池。メダカたちが水性植物の間をゆっくり泳いでいます。夜間観察では、水の中まで観察できるのです。

日中の観察では、水面近くの様子しか観察出来ませんから、水底まで覗いて観察出来る夜間観察の機会はとっても貴重なのです。

さて、九州、四国、近畿が梅雨入りし、自分が住む浜松も梅雨入り間近となってきました。
鬱陶しい季節の到来なのですが、メダカたちの活性は高く産卵シーズンが続きます。
皆さんもメダカ飼育と観察を楽しんでくださいね。
では、また次回。

応援をよろしくお願いします。

クリック
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ     
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介