Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

苔石

プラ船水槽のシンボル、苔石の再生

RPB031097

秋が深まっています。
屋外飼育水槽の水性植物の葉も枯れてきて寂しくなってきました。
おまけにプラ船水槽では、水槽のシンボルである苔石の苔の一部が枯れて、岩肌が露出しています。

PA296586 (1)

PB136637 (1)

実は春先までは、このままにしておこうと考えたのですが、とても気になっていました。
そこで、先週の日曜日の早朝に一念発起して、苔石を張り替えることとしました。

年に1回程度、苔の張替えを行っていますから、もはや定期的な作業となっているので難しいことはないのですが、苔を見つけることが出来るのかどうかがポイントです。

苔をいつも入手している場所に行ってみると・・・、ありました。
朝露に濡れた苔がコンクリートに張り付いています。
苔石の張替えには十分な大きさです。


PB136640 (1)

早速、必要な分だけを手で切り取って持ち帰りました。こんな感じです。

PB136644 (1)

そして、早速、苔の張替えを行いました。
まずは、今の苔を剥がしてしまいます。 
苔がない石もそれなりに良い感じなのです。
                  
【Before】
PB136648 (1)

そして、早速、苔を張り付けました。苔と石は双方とも張り付けやすいように湿らせておきます。

                                       
【After】
PB136649 (1)

完成です。作業時間はものの数分で終了。
う〜ん、上手に出来ました。満足です。


PB136663 (1)

メダカたちとこの喜びを分かち合いたかったのですが、肝心のメダカは水温が低いため、水面まで浮上してきません。我、関せずという感じです。残念。

まあ、飼育者の自己満足の世界ですからね。自分が良ければそれで良いのです。
ということで、冬も近い時期なのですが、プラ船水槽では苔の緑が燦然を朝日を浴びて輝いているのでした。

PB136652 (1)

今回は、最早、このブログの定番記事とも言える苔石の苔の張替えの様子を お伝えしました。
寒くなってきましたから、風邪など引かないように気をつけてくださいね。
メダカの屋外飼育を楽しみましょう。
では、また次回。


メダカ写真満載のブログです。
クリック⇒
Tokuze's Medaka Photolog

「にほんブログ村」の「ビオトープ」と「メダカ」カテゴリーのランキングに参加しています。応援していただける方は下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
 

【報告】 苔石の苔の中にいたものは・・・!?

P6132863
▲梅雨の晴れ間の屋外水槽。和(なご)みの情景なのです。

梅雨です。中休みの晴れ間もありますが九州では大雨が続きましたし、浜松でもここ数日は曇り空から時折、雨粒が落ちてくるような梅雨空が続いています。
とても鬱陶(うっとう)しい季節ですよね。
静岡県の梅雨明けは通常7月中旬ですから、まだまだジメジメした季節が続きそうです。
因(ちな)みに昨年の梅雨明けは、7月21日ころでした。
この頃の梅雨明け情報には、気象庁もあまり自信が無いようで「◯日ころ」というように、「ころ」という表現になっています。(はっきりと宣言して欲しいと思うのは自分だけでしょうか。)

P6132900
▲メダカ池ではコウホネが咲き誇っていました。

P6132878
▲メダカたちが集(つど)います。

早く梅雨に明けて欲しいのですが、梅雨明け後にはメダカ屋外飼育者にとっては、水温上昇対策など一年で最も気を使う厳しい夏が待っています。
う〜ん、ジレンマなのです。

さて、ここからが今回の記事の本題です。
少し前に苔石の苔が何故か剥がれてしまい、苔を張り替えた様子をお伝えしました。

P5232615
▲剥がれてしまった苔石。原因は不明です。

P5232638
▲張り替えた苔石。

苔石の苔は思ったよりも上手(うま)く張り替えることができましたから満足していたのですが、少し前のことですが、ついにその犯人ではないかと思われる生き物を発見したのです。

プラ船水槽のメダカたちに餌を与えようとした時のことです。
苔石の苔が少し剥がれていて、その中に何やら生き物が潜んでいるのを見つけました。

P5312713
▲苔石の苔の中に何かが・・・。カエルでした。

近づいて確認してみると、なんとカエルでした。
オス・メスが仲良く苔の間に潜(ひそ)んでいたのです。 
いや〜、びっくりしました。

P5312708
▲苔の中にカエルが隠れているのでした。気持ちが良さそうなのです。

う〜ん、確かにこんな事をすれば、苔は剥がれてしまいますよね。
でも、気持ちよさそうに苔に潜り込んでいる様子を見ると、追い払うのも可哀想です。
ということで、しばらくはこのままにしておくこととしました。

日本のカエルは、泳いでいるメダカを捕食することはないとの記事を以前、読んだことがありますから、メダカに被害が出なければ良いのです。
擬似ビオですから、メダカに被害が出ない限りは、このような来訪者も許容しなければいけませんよね。
メダカ池に放すことも考えたのですが、また、プラ船も戻ってくることも想定されます。
(前回の記事のヤゴは、メダカを捕食しますからプラ船では許容できませんが・・・)

苔は蛙の様子を見て、また張り替えることとしましょう。
もしかしたら、もう少し後に、メダカとオタマジャクシが同居することになるかもしれません。

P6132924
▲梅雨空でもメダカたちは元気です。

P6132870
▲睡蓮の花が咲きました。

鬱陶しい日々が続きますが、梅雨の晴れ間には存分にメダカ観察を楽しんでくださいね。
では、また次回。

応援をよろしくお願いします。

クリック
    

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ


 
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介