Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

藍藻

藍藻(らんそう)対策を大募集

ゴールデンデルモゲニーとアマゾンランプアイ

よく肥えたグローライトテトラ

熱帯魚たち
上の写真は我が家の愛すべき熱帯魚たちです。
この愛すべき熱帯魚が暮らす屋内水槽の底床(底土)やデコレーションとして入れてある流木にドロ〜リ(ベッタリ)としたノリ状の藻が発生することがあります。
このような感じです。
藍藻の繁殖
この嫌らしい感じの藻が嫌われものの藍藻(らんそう)です。
濃い深緑色で掬(すく)ってみるとかなり臭(くさ)い独特な匂いがします。(手に匂いが憑くと最悪です。)
この藻は繁殖力が強くて、一度発生するときれいに除去しても、いつの間にか再び繁殖してしまいますからやっかいです。
そしてさらにやっかいなことに定番の苔(こけ)や藻対策の生物兵器(ヌマエビ類や石巻貝など)が避けて通ってしまい、ほとんど効果がありません。
屋内でも屋外でもどこの水槽でも発生する可能性がある藍藻ですが、もし発生してしまったらどうしたら良いのでしょうか。
私の経験では、まず肝心なのは中途半端な形(器具)で藍藻を掬(すく)わないということです。
ピンセットやスポイトなどで掬おうとすると、掬い漏れた藻がちぎれて分裂してしまい水槽の中のあちらこちらに散らばって、そこでさらに繁殖してしまいます。
特に濾過フィルターの水流がある屋内水槽内で藻がちぎれて分散してしまうと悲惨です。水槽内のあちらこちらで発生するとともに、濾材の中でも発生し、胞子をまき散らすこととなります。
屋外水槽では、基本的には水流はありませんので、そこまで分散してしまうことはありませんが、慎重に除去することが必用です。
おすすめの除去方法は、屋内水槽用に市販されているは底床(砂)清掃用のクリーナー(ホース)を使って水とともに藍藻を吸い出すという方法です。藍藻は吸着力が弱くすぐに付着箇所から剥がれてくれますから、これならスポイトやピンセットなどよりも分散しないで吸い出すことが出来ます。そしてもちろん減った水の分量を足し水します。
ただし熱心にやり過ぎるといつの間にか、水の半分以上を吸い出してしまったりしますのでご用心を。
しかしこれを行っても、またまた繁殖してくると思いますので、再び、これを繰り返します。
私が知る限りでは発生してしまった藍藻対策は水槽をリセットする以外に即効性があるものは皆無です。このような方法で月単位でねばり強く対処(除去)することが必要です。

これは我が家の熱帯魚を飼育している屋内水槽の話ですが、何度除去しても発生を抑えることが出来なかった藍藻が数日できれいに消えてしまったことがありました。
消え去る前に市販の濾過バクテリアの増殖剤を投入したのですが、これが効果があったようです。(というよりも明らかに効果があったんですよね。間違いないと思います。)
ということで、この方法が藍藻対策の特効薬であると考えて、実は後日も増えた藍藻対策で同じ濾過バクテリア増殖剤を使用したのですが、これがなんと全く効果はありませんでした。
う〜ん、微妙ですよね。何故なんでしょうか。
濾過バクテリアや水質のバランスで効果があったりなかったりするようです。
光を当てなければ発生しないという話は聞きますが、暗闇ではメダカが生きていけませんし・・・。
難しいですよね、藍藻対策。
長〜く付き合っていく覚悟が一番かもしれませんね。

ということで、このブログをご覧の皆さんから藍藻対策を募集したいと思います。ぜひお気軽にコメントをお願いします。(藍藻で困った経験などもお気軽にコメントしてくださいね。)

※私は試したことはありませんが、オタマジャクシが藍藻を食べるという情報があります。試した方はいらっしゃいますでしょうか。

藍藻(らんそう)恐るべし

相変わらず忙しい日々を過ごしているため、メダカたちの世話がなおざりになっています。

ここで余談。

「おざなり」という言葉もありますが、どちらも意味が似ていますから使い方が難しいですよね。

※「おざなり」=当座をつくろうこと。その場のがれにいいかげんに物事をするさま。

 「なおざり」=あまり注意を払わないさま。いい加減にするさま。

 (広辞苑より。)

どちらでも良さそうですが...。 日本語は難しい

 

さて、無駄話は終わって今日の本題 です

今日は休みだったため、久しぶりに室内水槽の掃除をしました。実は室内水槽にのり状の藻である藍藻(らんそう)が発生したため、その除去を行ったのです。底面の掃除用のホースを使って吸い出したのですが、またすぐに繁殖しそうな感じです。

やっかいな藍藻、でも...

藍藻(らんそう) 独特の 臭いもあ りますし 屋内水槽の ガラス面に繁殖すると厄介ですよね。 観察することに支障がありますし 、藍藻(らんそう)は魚たちの餌にはならないし、 苔取り名人の 石巻貝やヤマトヌマエビも知らぬ顔です。

その点、屋外飼育は気楽です。

室内アクアリウムでは苔や藻の対策が日常的に必要となります が、屋外飼育水槽では や藻が発生しても上面から覗くにはまず支障にはなりません。

そして濾過も土中のバクテリアにまかせて、屋内のようにフィルター交換も必要ありません。 屋内飼育水槽の掃除をしながら、屋外飼育の利点を改めて認識するのでした。

なお、 藍藻 を百科 事典で 調べてみると植物というよりも原核生物や細菌として分類されることが多いようです。淡水にも海水にも生育し種類も様々で 藍藻 中にはスイゼンジノリなど食用とされるものもありま す。

そしてさらに驚くべきことには、先カンブリア時代に大気中に酸素を放出し、地球に酸化的な環境を作り出したのは 藍藻 類と考えられているとのこと。

ということは、人間を含む 今の生き物 たちがここにいるのは 藍藻 のおかげなの かも。

藍藻 恐るべしです。

 

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介