Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

金魚掬い

秋祭りと金魚掬い

疲れました。
今週は、家に帰ったのが火曜日と昨日の金曜日だけ。
仕事が忙しく徹夜した日もあって、さすがに体力的にきつい日々でした。
メダカたちの世話もほとんどできませんから、息子にお任せです。
これではメダカ飼育者失格ですね。やれやれ。

さて、我が家の屋外水槽の様子ですが、さすがに睡蓮やコウホネが花を咲かせることはなくなりましたが、ウォーターバコパにはいくつもの紫の可愛い花が咲いていました。
IMG_9796

IMG_9798

小さな花なのですが、可憐で自分は大好きです。
冬が近づくにつれて、屋外飼育水槽の様子は寂しくなってくるのですが、こんな様子が楽しめるなんて屋外飼育は楽しいですよね。

話は変わり先週のことです。
10月は秋祭りの季節。
浜松のあちらこちらで秋祭りが行われました。
私の住む地域も八坂神社の祭典で、屋台の引き廻しが行われました。
そして、恒例の金魚掬(すく)いが催され子供たちで大賑わいです。

IMG_0154(2)
▲秋祭り恒例の金魚掬い。

子供たちは何故か金魚掬いが大好きですよね。
(自分も大好きなのですが…)

IMG_0156
▲真剣な表情で勝負です。

小さくてもとても上手な子供がいました。

IMG_0159
▲構えが完璧なのです。

観察していると、次から次へと金魚を掬いあげていきます。
ポイ(金魚を掬う道具のこと)が、少し破れても、プラスチックの縁で金魚を掬いあげたりしますから、本格的ですよね。

IMG_0163
▲次々と金魚を掬っていきます。

う〜ん、将来が楽しみです。
プロの金魚掬い師になれそうですよね。(そんな職業があればの話ですが…)
しばらく金魚掬いの様子を観察していると、近所の子供が自分に金魚をくれました。
たくさん掬いあげたので、もうこれ以上、要らないとのこと。
ありがたく頂戴しました。
まあ、自分はずっと金魚掬いの様子を眺めていたので、そんな大人が不憫(ふびん)に思えたのかもしれません。

IMG_0158
▲ありがたく頂戴した金魚たち。元気です。

早速、金魚を家に持ち帰りました。
さて問題は金魚の住み家です。
あいにく、2つある屋内水槽は他の淡水魚で満杯ですし、屋外水槽も予備がありません。
どこの水槽に入れるのか少し悩みましたが、とりあえずヒメダカの数が少し減ってしまった睡蓮鉢がありましたから、そこに金魚たちを入れました。ヒメダカと金魚の混泳です。

IMG_9805
▲金魚たちの仮住まいとなった睡蓮鉢。

水合わせを行って金魚たちを入れたところ、金魚たちは中層辺りでゆったり泳ぎ始めました。
餌を与えるとぱくぱくと食べます。お腹が減っているようです。

PA180456

▲金魚に餌を与えたところ、元気に食べ始めました。

金魚鉢を用意いなければいけませんね。
しばらくしたら金魚鉢でゆったりと飼育をするつもりです。
それまでの我慢です。頑張って!

やっと待ちに待った週末です。
ゆっくりとメダカたちの世話を楽しみたいと思います。ついでに金魚の世話と観察もね。
皆さんも秋のメダカ屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。

応援をよろしくお願いします。

クリック
   

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

メダカ掬(すく)い !?

10月に入り秋も本番。
私が住む地域の神社では、秋祭りを迎えました。

例年、この秋祭りでは余興で金魚掬いが行われています。
料金は1回、50円。

子供たちは金魚掬いが大好きです。いつも金魚掬いには、大勢の子供たちが集まります。
ということで、今年のお祭りの金魚掬いの様子を覗いてみました。

金魚掬いの器(うつわ)は、大きめのプラ船容器です。
容器の周りには子供たちが群がっていました。
金魚掬いを楽しむ者、その後ろで順番を待っている者、そして金魚掬いを見物している者で、とても賑やかです。

どれどれ、どんな金魚が入っているのでしょう?と興味深く、プラ船容器の中を覗くとちょっとビックリしました。

なんと今年の金魚掬いのターゲットは、普通の金魚だけではありませんでした。
金魚掬いではノーマルな小赤(こあか)と呼ばれる小さめのワキンは当然、入っていたのですが、大型金魚の「らんちゅう」と「メダカ」も入っていたのです。

金魚掬いを準備した人に話を聞いてみると、小赤とメダカは養殖業者から直接、購入したもので、らんちゅうは、趣味でらんちゅうを飼育している方から無料(タダ)でいただいたとのこと。

う〜ん、この様子では金魚掬いではなく、らんちゅう掬いとか、メダカ掬いと呼んだ方がいいかも知れません。
今回は、いつも入っている出目金はいませんでした。

早速、金魚掬いの様子を携帯電話のカメラで撮影してみました。(ちょっと写りが悪いのですが、ご容赦を!)

IMG-20121007-00022

IMG-20121007-00024

らんちゅうばかりが目立ってしまいますが、金魚とメダカが一緒に泳いでいます。
メダカはクロメダカとヒメダカがほとんどですが、シロメダカも少し混じっていました。

多くの子供たちは、どうやら高級金魚の「らんちゅう」が目当てのようですが、らんちゅうは、どうみてもポイ(金魚掬いで金魚を掬う道具)では、掬えそうにありません。
らんちゅうを掬おうとすると、ポイの紙が簡単に破れてしましまうのでした。

IMG-20121007-00025

IMG-20121007-00030

IMG-20121007-00027

でも、中にはポイのフレーム部分で、らんちゅうを掬ってしまうというテクニシャンもいますから、驚きです。

多くの子供が高級金魚のらんちゅう狙いなのですが、中にはしっかりとメダカばかりを狙っている人もいました。
子供よりも熱中している親もいます。横で見ているだけでも楽しめます。

IMG-20121007-00029

さすがにメダカはらんちゅうとは違って、ポイの上に乗せても紙が破れる事はありません。
でも、思ったよりも動きが素早いので、なかなか掬い上げるのは難しそうです。

IMG-20121007-00028



IMG-20121007-00023

金魚掬いで救えなかった子供には、ちゃんと好きな魚を1匹は貰えることになっています。

今回の金魚掬いのターゲットの金魚(小赤)、らんちゅう、メダカは、いずれもその後に飼育が出来ますから楽しいですよね。

らんちゅうも、メダカもしっかりと金魚掬いの主役になっているのでした。
金魚掬いを楽しんだ子供たちには、ぜひ、その後の飼育も楽しんで欲しいものです。

もしかしたら、今回、メダカを救った子供が、メダカ屋外飼育の楽しさ目覚めるかもしれません。

皆さんもメダカ飼育を楽しみましょう。そして、金魚掬いも機会があれば楽しんでくださいね。

このブログの応援の為に下にある日本ブログ村投票バナーのクリックをお願いします。プチッとクリックすると「メダカブログ人気ランキング」をご覧いただけます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 クリック
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介