Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

馬酔木

春の兆し(馬酔木の花とメダカの話など・・・。)

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。



先日、冷たい雨が降った翌日は気温が上がり、暖かな一日となりました。
メダカ池を覗いてみると、池に覆いかぶさっている馬酔木(アセビ)の木が、たくさんの花を付けているのでした。

P1311015_Fotor
 
P1311013_Fotor
▲馬酔木の花

そして、前日の風雨のせいでしょうか、壺型の特徴ある小さな花が池の上にいくつも落ちていて、水面に漂っていました。
たくさんの花が水面の一箇所に集まっているような場所もあり、まるで馬酔木が水面で咲き誇っているかのようです。

P1310992_Fotor

そして、肝心のメダカたちは、日当たりの良いところで日向ぼっこです。

P1310986_Fotor

P1310987_Fotor

P1311019_Fotor

先日までは水温が低くて、メダカたちは水面にはほとんど浮上していませんでしたが、今の様子を見ると、水温の上昇とともに活性が少しずつ上ってきているようですね。

そして、玄関脇の睡蓮瓶(すいれんがめ)のメダカも元気が出てきて、水面近くまで浮上するようになっていました。

P1311041_Fotor
▲玄関脇の睡蓮瓶

P1310999_Fotor

P1311038_Fotor

P1311002_Fotor

そして庭に設置している睡蓮瓶でも、メダカたちが水面に浮上していて、陽光を浴びながら日向ぼっこをしているのでした。
のんびりとした時間が流れています。

P1311042_Fotor
▲庭の睡蓮瓶 

P1310995_Fotor

P1311024_Fotor

P1311023_Fotor

P1311045_Fotor

睡蓮瓶のホテイ草はすっかり枯れていましたが、メダカたちはこのまま無事に冬を乗り越えてくれそうです。とりあえず元気で良かったのです。

三寒四温の言葉のとおり、寒さと暖かさを繰り返しながら一歩ずつ春に近づいています。 
メダカの様子を観察することで、春の兆しを感じることが出来ることがとても嬉しくて、そして楽しいのです。
春の訪れが待ち遠しい日々が続きます。

メダカの屋外飼育を楽しみましょう。
では、また次回。 





<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村  
  

馬酔木とメダカ池

いや〜寒くなりました。
いっきに冬に逆戻りです。
この前までは春本番の陽気だったのに、今は冬本番?という感じですよね。
春本番に向けて足踏み状態です。
今週は仕事で東京にいたのですが寒くてコートが手放せませんでした。
浜松よりも東京の方が寒い感じがしました。
(この冬は寒かったのですが、実は雪を見ていません。やはり浜松は暖かい?)

さて、寒い日が続きますが、今回は暖かな春の訪れの様子をお伝えしますね。

P3017943

先週末のことです。
メダカ池には一足早く春が訪れていました。
馬酔木(あせび)が開花し、メダカ池に春の彩(いろど)りを添えています。
水面にも落ちた馬酔木のピンク色の可憐な花びらがいくつも浮かんでいました。

P3017935

そして、春の陽気で水温がぐんぐんと上がっていましたから、メダカたちも元気いっぱいです。
多くのメダカが水面近くを群れ泳いでいるのでした。
ついこの前までは、水底からなかなか上がって来なかったのが嘘のようなのです。

P3017946

活性が高くなったメダカたちは、当然、冬場よりも警戒心が薄れています。
人影を見付けると、一旦は水底の方へ一斉に逃げ込むのですが、少し動かずにいるとすぐに水面まで浮上してきて、群れ泳いでいるのでした。
冬場には、一旦逃げ込むとなかなか浮上して来なかったんですけどね。
メダカの観察がとても容易になりました。

P3017934

しばし、メダカたちの群泳(ぐんえい)の様子を観察して楽しみます。
メダカ池にはほとんど水の流れはありませんから、群泳といっても、メダカたちが同じ方向に頭を向けて泳いでいるような様子は残念ながら観察できません。
メダカたちは思い思いの方向に、てんでばらばらに泳いでいました。
「う〜ん、メダカ池に水の流れをつくったら楽しそうだぞ!」などと、メダカの様子を見ながら考えてしまうのでした。
まあ、メダカにとっては迷惑なだけなのかもしれませんけどね。

P3017932

それにしても、たくさんのメダカたちが無事に越冬して春を迎えることが出来ました。
良かったですよねぇ。
さすがは、メダカです。しっかりと日本の四季に対応しているのでした。

P3017931

メダカ池の脇に植えてある馬酔木(あせび)の花はメダカ池に覆い被さるように咲いていますから、メダカたちは人間よりも一足早く花見を楽しんでいるような感じですよね。
浮かれているように泳いでいるのでした。

P3017929

こんなメダカたちに餌を与えてみると、案の定、食欲いっぱいです。
しっかりと食べることにより、来たる産卵シーズンに備えなければなりませんよね。

そして、メダカ池と同様に、他の屋外飼育水槽にも春が訪れていました。

P3017936

P3017937

P3017942

メダカの活性が高くなっていますし、睡蓮の若葉が水面に向かって伸び始めました。
メダカや水生植物の様子から、日本の四季の移(うつ)ろいを感じることが出来るなんて、メダカ屋外飼育はとっても楽しいですよね。

こんな風に先週は暖かかったのですが、今週は打って変わって冬に逆戻りし、寒い日が続いています。メダカたちもビックリでしょうね。

さて、前回の記事に書きましたが、花粉がたくさん飛ぶようになりました。そして花粉だけではなく健康に影響があると言われているPM2.5(微小粒子状物質)などという、やっかいな物まで飛んでくるようになりました。
昔なら春霞(はるがすみ)などと呼んで、風情(ふぜい)のある日本の情景の筈なのですが、時代が変わると飛んでくる物まで変わってしまいました。
屋外飼育のメダカ観察は、マスクなどを活用して十分に対策をして楽しんでください。

そして寒い日が続きますが風邪など引かないようにしてくださいね。
では、また次回。


応援をよろしくお願いします。
クリック
   

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ


アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ